HOME > もっと詳しく教えて > 保管方法は?

ライスフォースの保管方法

ライスフォースの保管方法は、直射日光を避けて保管してください。また、40℃以上または−5℃以下になる場所は避けましょう。特に開封した後の管理方法には注意が必要で、最低限の防腐剤しか配合していないことから管理には気を付けることをおすすめします。
防腐剤にパラベンは入っていますが、肌に負担が無いよう極力少なめの配合のため、どうしても保管方法には気を配らなければならないのです。逆に利用者にとっては安全性が高い成分が使われているということですね。

商品の使用期限

ライスフォースの使用期限は、未開封・常温なら3年間持ちます。開封後はできれば1年未満に使い切ることをおすすめします。防腐剤が無添加ではないためある程度の腐敗は防ぐことはできますが、パラベンは少量で食品用しか入れていないため、開封後の長期保管は向いていないのです。
未開封なら雑菌が入り込まず長期保管は可能ですが、それでも置き場所によっては中身が変質してしまう可能性もあります。美容成分の主はお米から作られた成分ですから、保管方法には気を付けた方がいでしょう。

100%無添加よりも使いやすい

ライスフォースは100%無添加製品ではありません。低刺激スキンケアですが最低限のパラベンは入っています。お米が美容成分の主のためで、腐敗すれば使えなくなることから防腐剤は多少入れています。逆に安全性を心配される方もいるでしょうが、100%無添加製品よりも商品の取り扱いがしやすく、また直ぐに腐敗しないため最長で1年間は使える商品です。冷蔵庫に保管する手間も無く、肌に負担が少ない程度の防腐剤の配合ですから、使いやすさの良さのほうが勝るともいうことができるでしょう。

ライスフォースの口コミをみる>>

      

このページのトップに戻る