HOME > もっと詳しく教えて > パラベンが入っているけど大丈夫?

パラベンとは?

パラベンは簡単に説明すると防腐剤のことです。最近では肌に刺激を与える成分として知られてきており、避ける方も増えています。よく無添加処方のスキンケア商品ではパラベンフリーとなっているのですが、元々は食品の防腐剤としても配合されているもので、入っているからといって必ずしも悪影響があるわけではありません。
パラベンは旧表示指定成分の一つということもあり、アレルギーを持つ方や安全性にこだわる方は避けていることが多いようです。最近では無添加=パラベンが入っていないという風にも広まってきています。

ライスフォースにパラベンが入っているけど?

ライスフォースには防腐剤としてパラベンを配合しています。しかし、お米という天然素材を使う以上避けられないことで、最低限必要な分のみを少量のみ入れているだけです。食品が腐るようにライスフォースのライスエキスだって腐敗してしまう恐れがあるのです。
配合しているパラベンは食品に使われるものと同等で、安全性に配慮しできるだけ刺激がないように工夫されています。パラベンが入っていても石油系界面活性剤不使用と肌への優しさに気を使っており、超敏感肌の人や、アレルギーがひどい人以外は使える可能性は高いでしょう。

パラベンは本当に悪とはいえないかも

パラベンは防腐剤のなかでも少量でも効果を発揮する力をもっており、必ずしも肌に悪影響を与えるとは考えられません。刺激が少ないほかの石油系防腐剤を使用しても、それが大量に含まれていればもしかしたらパラベン以上の悪影響を与えるかもしれないのです。
また、腐敗しやすい成分が入っているスキンケアで防腐剤無添加にしてしまえば、中身が腐ってアレルギーを引き起こすことも考えられます。それなら最低限の配合で良いパラベンを入れ、極力悪影響が無いよう作った方が良いかもしれません。

ライスフォースの口コミをみる>>

      

このページのトップに戻る